スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごんちゃん、突然のお別れ

写真+(6)_convert_20140817104702

例年のとおり、お盆休みに草津へ家族旅行に行きました。
到着した日の夕方からごんちゃんの息が少し荒くなり、夜には少し苦しそうにも見えました。
朝いちばんで病院に連れて行くつもりで、皆心配で交代で起きていました。

朝、病院へ向かう支度をしているところでごんちゃんが倒れました。
心肺蘇生をしながら車を飛ばし、病院に着いたときにはかろうじて心拍がある状態。
そのまま虹の橋へ旅立ってしまいました。
8月11日月曜日、朝8時すぎのことでした。

診断は、おそらく肺水腫。
その後かかりつけのお医者さまともお話ししましたが、肺水腫の原因はわかりません。
心臓も、腎臓も、定期的に検査していて健康でした。
どこかに見つけられない疾患があったのか、想像もしない突発的な何かが起きたのか。

本当に突然のことでした。


夜のうちに診療時間外の病院へ駆け込んでいれば助けられたかもしれない。
そんな想いがよぎってしまいます。
でも、病院の処置でも肺の水が抜けず、家族と離れた診療台の上で旅立つことになっていたかもしれない。
あの日助けられてもその後長くは生きられない何かがあったのかもしれない。
そう考えると、家族全員が一部屋に集まった草津のペンションで最後の夜を一緒に過ごし、
(行先は病院だけど)お出かけする雰囲気に心躍らせながら、
家族に囲まれて旅立てたのなら、ごんちゃんにとっては一番幸せな形だったのではないかと思っています。
家族としては少しでも長く一緒に居たかったけれど、ごんちゃんには辛い闘病は似合わない。
ごんちゃんも気が付かない間にお別れのときを迎えるなんて、ごんちゃんらしいかな。

あっきーが待ってるから。一緒に遊んでいてね。

IMGP1175.jpg

コメント

ごんばいばい

かわいいかわいいごんちゃん
10年間と半年、ありがとう。

まだ受け入れられない、信じたくない、今でも朝目が覚めたら全部夢だったんじゃないかって思います。
名前を呼んだらうれしそうに飛んでくるんじゃないかとか。
部屋にいたらドア開けてそーっと入ってくるんじゃないかとか。
おやつをあげようとしたら2匹分出しちゃうし。
ごんちゃんの存在って、私の中では当たり前のものだったから、いなくなるとか無理なんだよマジで。
帰ってきてほしい。置いていかないで欲しかった。
泣いてたら、「泣かないで~撫でていいから泣き止んで~」って慰めに来てくれる子だったね。
慰めに来てるんだか撫でられに来てるんだか分からなかったけど()
だから、私がいつまでも泣いてたら、心配しちゃって虹の橋に行けないねぇ。

これからしばらくは、人間にはごんちゃんのこと撫で撫でしてあげられなくなるけど。
虹の橋に行ったらアカネがいる。
また一緒に入られるよ。
今度はずっと。
久々の「あきごん」だね。仲良く遊んでるんだよ。

全てが終わってけいかの顔を見た途端、「けもちゃんの大事な大事なさんごを死なせちゃった」って申し訳無さも込み上げてきてすごく辛かった。
けもちゃん、これから、あっきーを亡くした時のごんみたいに、体調崩してしまったりしないか心配です。
大事に大事に見てあげないとねー…。

アカネ、さんご、天国から仲良く一緒に見守っててね。

ブログを拝見して、たいへん驚きました。
偶然、軽井沢のドッグデプトで
あきごんけも家とお会いできた時のことを思い出しました。
けもちゃんとノエルはもちろん似ていましたが、
ごんちゃんとも、毛色や目がそっくりだったこと...。
あのときのごんちゃん、ニコニコしててとても可愛かった。
ごんちゃんのご冥福をお祈りします。

ご家族のみなさんも、深い悲しみのなかにあると思います。
どうぞお身体ご自愛くださいませ。

ドッグデプト

ノエルママさん、
あのドッグデプト、亡くなる前の日に行って新しいドレスを買いました。
その前日、かかりつけのクリニックで、元気に旅行行ってらっしゃいと、健康状態に太鼓判押された感じで診察も済ませ、まさかこんなことになるとは。
あかねの遺した介護 用品、大事にとってありましたが、何一つ使わず、大好きな草津の宿で家族に看取られました。
魂のぬけたケイカが気がかりです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。